高くマンションを売るために大切なポイントを説明します。

MENU

マンションを高く売りたいなら、不動産一括査定サイトを利用するのが一番です!
完全無料で1分程度の入力作業だけで利用できます。
マンション 売却
逆に何の知識も持たず直接不動産屋に行ってしまうと、足元を見られて相手に有利な条件で進められてしまいます。
また、比べる相手がいないとその価格が適正かどうかも判断できません。
不動産一括サイトを利用すれば、

  • 価格競争が起こり、ギリギリの高額査定が提示される。
  • 悪徳企業、評判の悪い企業は排除される。
  • あなたのマンションの相場感や価格差が分かる。

などのメリットが得られます。
ただし、

  • 複数企業から連絡が来て面倒。

と感じる方もおられるかもしれませんので、面倒な方は査定企業を絞って利用して下さい。

マンションの売却に強い一括査定サイトはコレ!

私がマンションを売った時にイエウールのおかげで300万円も得をしました。


イエウールは下記のような大手企業を含む全国900社以上の優良不動産会社から最大6社に一括査定依頼ができます。

お客様満足度98%の実績で、特にマンションの売却に強いサイトです。
また、プライバシーマーク取得企業なので、安心して一括査定を任せる事ができます。
高くマンションを売るナビ【マンション売却の心得】

マンションを高く売るために知っておくべき査定のポイント

マンションを含む不動産は基本的には二つと同じものが存在しないので、全てが一点ものとなります。同じマンションであっても階数によって景観が異なりますし、日当たりなどの条件も大きく異なります。そのためマンションの査定の際には価格が各不動産会社の査定方法に依存することになるのですが、その方式は一律のものではなく様々な方針によって決められます。例えば取引事例比較法と呼ばれるものでは、過去の類似物件から適正な価格を算出するという方法で査定を行います。他にも各不動産業者が様々な方針で査定を行いますが、先の取引事例比較法が現状主な査定方法になります。しかし、取引事例比較法には比較すべき事例が極端に少ない場合などに各不動産会社で査定額にバラつきが出るという大きな欠点があります。もちろん標準偏差が高くなっても、偶然高く売ることが出来れば問題は無いのですが、土地を売るという一大事をそうした偶然に頼るのはあまりにも無謀な行為と言えます。そこでおすすめしたいのが不動産の一括比較サイトを利用するという方法です。文字通りマンションを含む不動産を一括で査定してもらうことが出来ますが、各不動産会社の査定を一度に比較することが出来るので、平均からの乖離を発見しより好条件の業者に依頼することが可能です。こうした一括比較サイトは大小様々なものがありますが、登録業者の質や豊富なネットワークなどで評価が高いのはイエウールというサイトです。ぜひ今後マンションの売却を考えている方は、少しでも高く売るためにこうした一括比較サイトを賢く利用して下さい。

マンション売却に強い「イエウール」の無料一括査定はコチラ

高くマンションを売るために、知っておきたい基本ノウハウ

マンションの売却を考えた際、まず最初に考えるのが「いくらで売れるのか」ということでしょう。基本的に不動産には一定の相場というものがあり、その基準にそって考えれば、大体の価格が見えてくるものです。市場には多数の不動産取引がありますから、売りたいマンションと同程度のスペックを持つ物件についてリサーチすれば、ある程度の推測が可能です。しかし、実際にその通りの価格で売れるかどうか、ということになると、確実とはいえないでしょう。
また、できることなら相場よりも、更に高い価格で売りたい、そう考えるのが自然といえます。相場はあくまでも相場であって、その中にも高額で売れた物件とそうでないものがあります。より高くマンションを売るためには、どういった準備をしておくべきでしょうか。

 

高くマンションを売るために、まず必要なのが「売却タイミング」について知っておくことですマンションの売却には通常、それなりに長い期間が必要となるものです。大まかな売却までの流れとしては、まず査定を行い、取引をする不動産業者を選び、その後実際の売り出しが始まります。売り出しを開始したからといって、即座に買い手がつく、というのは考えにくいものです。物件によって差はありますが、契約を結ぶ状態となるまで3ヶ月は見たほうが良いでしょう。最初に「マンションを売ろう」と決めてから、実際に販売契約を結ぶまで、トータルで半年はかかるといわれています。
良い価格でマンションを売るために、焦りは禁物ですから、十分に余裕を持って、売却を進めていきましょう。「売るかもしれない」というような段階であっても、とりあえず査定額を知っておくと、その後の流れがスムーズになります。急いで売却を決めて、後から後悔をするようなことにならないよう、早め早めにアクションを開始しておきましょう。どんなに短い期間としても、最低3ヶ月前には、行動を起こすことが大切です。長い期間を見ておけば、それだけ「高額で売るチャンス」をつかめる可能性が高まるからです。

 

次に大切なのが、事前に販売計画をしっかりと練っておくことであり、ここをないがしろにしてしまうと、その後がスムーズになりません。最大でいくら位の価格で売りたいのか、最低ラインになる金額はどのくらいかを、はっきりさせておきましょう。完全に希望通りの金額で売却できればそれに越したことはありませんが、実際にはなかなか難しいものです。場合によっては、適時値下げなども検討する必要がでてくるでしょう。そうした際に、はっきりとした基準がないまま値下げをしていくと、最終的に損をしてしまう可能性もあります。どのくらいの期間が経過したら、いくら割引していくのか、そうした基準をあらかじめ納得できる範囲で決定しておく必要があるのです。

 

売り出しが始まり、実際に購入希望者が現れたら、内覧を行うのが一般的です。購入希望者にとっては実際に物件を目にできる大切な機会であり、内覧無しで購入決定をする、ということはまず無いといってよいでしょう。より高くマンションを売るためには、良い価格で購入してくれる相手に、物件を気に入ってもらう必要があります。内覧希望は販売チャンスですから、できるだけオープンに受け入れて行きましょう。ただ、内部の状態が購入意欲を削ぐようなものであれば、あまり意味がありませんから、注意が必要です。あらかじめその物件の魅力を最大限に引き出せるよう、配慮しておくと良いでしょう。とくに気をつけておきたいのが、内部の「明るさ」で、できればすべての部屋の照明などをつけておいたほうが良い、といわれています。購入側からすれば、当然内部をしっかり見たいわけですから、薄暗い部屋などがあると、それだけでマイナス要素ととられかねません。カーテンをあけ外光を取り入れたり、照明類をきちんと点灯し、明るくオープンな印象を与えましょう。

 

そして、高くマンションを売るために一番重要なのが、「仲介してくれる不動産業者選び」です。どのような業者が仲介するかによって、一割も価格が変わってくる、という話もあります。多くの購入希望者を集めてくれる業者であれば、それだけ販売チャンスも増えますから、より高く売れる可能性が高まるのです。また、価値に見合った価格で取引を行えるよう、しっかりと査定してもらうことも、大切といえるでしょう。
多くの実績を持つ不動産業者であれば、購入者も集まりやすく、取引までの流れもスムーズになります。そうした業者は「マンションを売るためのノウハウ」にも長けていますから、頼れる点も多くあるでしょう。逆に、規模が小さく実績も少ない業者の場合、買い手を見つけるのが困難な可能性もあります。もちろん、小規模だからこそ可能なサポートなども期待できますから、一概に良し悪しは決められません。あくまでも「高く売る」チャンスを増やすためには、やはり大手業者が向いているといえるでしょう。